icon  icon

= 時 々 の 記 =
[ ≫日々逍遥≫ ]

こちらには 「日々逍遥」「時々の記」 をWEB版として掲載しています。



□色即是色   □空即是空   □逍遥拾遺



「色即是色」

宮崎は「巨人が来ると寒くなる」 定説違はず春キャンプ発つ
縁といひ絆と言ふも他人はひと 吾は我がまま十人十色
いい時代に生きたのかもねと友ぽつり 桜舞はせて春の青空
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
寸胴(ずんどう)の大根持ちて友来る おでんがよしと大蔵大根 夕立が土煙り立てて攻めて来る 走って逃げた少年のとき 植木屋が近所の松の古葉揉む 梯子 三脚 総勢掛かり 嵐の連休 四国に在りと子のメール 穏やかならば楽しきはずを ふと気付く 店のガラスの横姿 思はず背筋がすっくと伸びる ==============================6= 音もせで白きカーテン閉めしまま 主無き家の師走つごもり うあショック! 身長マイナス一センチ 背筋伸ばして顎(あぎと)を引きて 改札のハサミの音も懐かしき お出でませんか宮崎の旅 (手改札)

歳をとると月日が経つのが早いと言ふ   あっといふ間に日が暮れて えっといふ間に年の瀬が来る

この名勝かのリゾートも色失せて史跡のごとく苔むしてあり
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
正月の餅は搗かずに買はうよと 老いの手抜きも年々拍車 その子二歳 畑打つ側にしゃがみ居て 不思議のごとく団子虫と遊ぶ 怒らない 君も あなたも怒らない 器量? 寛容? 達観? 超越? 喉元を過ぐれば熱さ何とやら 丸呑みする人の多きこと多きこと 得意げに 三輪車漕ぎて孫走る 大きな親子が後追ひかける ==============================8= 髪切った カッコ良かろと孫の写真 爺に送れと聴かぬとメール 子等と共にママ友連れて娘来ぬ さながら大き託児所の体 西の空にイプシロン消ゆるを待ちわびて 都井の岬の馬追ひ始まる 謝 謝 感謝 山桜の花も菜の花も 歩けども歩けども吾が散歩道 野火消えて人影消えて音消えて 何無きごとく日は西傾ぐ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
遠ざかる かのまほろばの儚さや 時といふ名のブラックホール 去年今年アバウトが佳し除夜の鐘 花火はきっちり零時にドドーン 正月を通夜で行き会ふ戸惑ひや 無口のままに目礼交はす 垣根越し「お早うございます!」と大き声 隣の親爺っさん今朝上機嫌 お早うとか有り難うとか済みません 声を出すのが似合はぬ時代? ==============================10= 言葉なんて古びたツールは鬱陶し 隣の君ともスマホの指話で 若くても 大悟 達観 坊さまは 行って来たよにお話しなさる 盂蘭盆会 父は東に子は西に 駆け足 掛け持ち 坊様多忙 住所録 物故の印増えゆけど 消すをためらひ後ろに残す 蝉集く 無住の寺に読経流る 派遣の若僧いや熱さうに
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
寄らば大樹 迎合 雷同おらが波 善し悪し形り振り構はず見らず 耳遠く 話の中に入れぬ老い 隅にせはしく新聞めくる

寸馬豆人(画中の人馬遠景) 昔 浅草十二階 スカイツリーは いま雲の上  ※寸馬豆人(スンバトウジン)=遠くに小さく見える人馬。特に、画中の遠景の人馬をいう。

無茶苦茶な論理も仏の御意の中 善人なほもて往生すれば そこそこの交はりの友病みて伏す 見舞はば或ひは怪しまるべし ==============================12= 松村さん 松浦さんに上村さん 村松さん?も妻の友達 お孫さん? 少子化ゆへの脚光か 会ふ人ごとに「あっら可愛い!」 孫四歳 補助輪外しふうらりと バランス危ふし支へ手離せず 孫置きて友と買ひ物へ行く娘 落ち着かざるらし電話ちょこちょこ 子ら孫ら 帰りてゆきて夏閉ぢて 閑散として二人の夕餉
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
昨日と今日の 境ひ目あたり秒針が 抜き足差し足 音殺してゆく 新燃岳(しんもえ)は湖消して花消して 頂き割りて火の煙立つ 二時間と百キロの距離隔つれど 新燃岳の空震 窓を揺るがす 雛山に新燃岳(やま)の鎮まるを願ふと言ふ 人影まばら灰の降る街 野いばらが俺達だってと春を競ふ 疎まれし花は白き無垢色 ==============================14= 老人(おいびと)の庭に停まった「わ」ナンバー(レンタカー)千葉の息子の来てゐるらしき 日進月歩 いえいえそいつぁあもう古い 今どき秒進分歩の時代 核シェルターそれはどこ向け? おや国内! 今なら格安内需元年 同窓会 はるか彼方のその日々を 昨日のごとく若きが集ふ 言ひたくも口に出だせぬ閊へあり 筋と情との胸の葛藤
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
みんな死語「天職」「この道」「プロ」「職人」 規制緩和のボーダレスのと ものひとつ言はむとすれば愚痴二つ 三つ四つ五つ押しくらまんぢう 何処へか 美し大和のアイデンティティー 隙間明かりを見せ来よ岩戸 恥も外聞も 無きが今日日のステイタス へたなプライド身を捨て致す 言ひ訳は簡潔が良し饒舌は かてて加へて惨めを呈す ==============================16= 台詞よりBGMが幅利かす 主役そこ退け黒子が通る 生き生きと葬儀屋さんが駆け回る 炎天酷暑 天佑神助 我が振りは人の振り見て尚為(なほす)らし 短絡狂暴近時の習ひ 夕散歩 店のトイレで(おっ、ぬしも…) 老頭児同士が会釈でニヤリ 午前四時 やや遠慮がちのバイク音 新聞配達が朝告げてゆく
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「有り難う」漢字で書きてふと思案 そりゃあ無いよと言ってるやうで 知らなんだ!『納付・拒絶は“任意”』だと! 交通安全協会会費 飛行機雲やがて膨らみ少しづつ 青染みてゆくゆっくりゆっくり

クールビズ でもねえTシャツアロハシャツ? ひとつ山越しゃホンダラッタホイホイ

イノベーション? PC 携帯 政党?も 未完成品跋扈(ばっこ)の時代 ==============================18= 三百六十五分一のレクイエム この日だけはと広島の映像 日本=東京 だといふ勘違ひ 被災地=福島 だといふ気づかぬ誤謬

“完全制御” 嘘も方便けせらせら 五輪が欲しい花いちもんめ  (※2016五輪誘致:首相「福島は完全に制御」と)

皮算用 東京五輪の大風呂敷 青天井(あおてん) 底なし公共事業 元気な子産めよ増やせよ国のため 子育て支援富国強兵
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
大義名分 多国籍軍協力と 海賊さまさまソマリアの夏 (警護派遣) あの質疑この応答もカッサカサ 国会議事堂 乾燥注意報 梅雨深し帯と襷の絡み合い 迷走列島 安部飲み尽くす(アベノミックス) 不言実行い〜い言葉です黙々と「私」の思ひだけ着々実行 低コストそれが神話と誰も知り 誰も言はない原発論議 ==============================20= ヒロシマがフクシマの陰に薄れゆく 二・〇・一・一 新たな惨禍 あの原発木造なのか! と 誰か揶揄 原子炉建屋の爆発画像 原発避難 賠償額に怒声飛ぶ 誘致補助金忘れしごとく フクシマの子供の明日をお母さん “故郷”ですか“命”でせうか? 我が知らぬ はるか後の世の悲しみか 「福島原発賠償訴訟」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
現在(いま)はそれ影を潜めて他所の話 風浪静穏群青の海 過ぎし日の戦争(いくさ)の教訓(をしへ)薄れゆき 美化の声聞こゆ悲しき時代 「政」の字は合従連衡大わらは 幼きどちの陣取りゲーム 「決められる政治」をかしな言葉が幅利かす 脳裏を過ぎる「大政翼賛」 地震 津波 いつか納戸の奥の隅 床の間背負って原発鎮座 ==============================22= オスプレイ逆立ちしてゐる野次郎兵衛 困ったもんだね傲慢過信 あちら様の内輪の事情と超寛容 謙虚 忍従 達観の国 誰かがそれを危険と言へば然りと息巻く 宜しと聞きて雷同した人 行く年や闇に霞んだ一里塚 駄馬に引かれてわが行く旅路 “商ひ”を君にも僕にも強ひる時代 算盤弾かず生くべからずと
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ふりがなを「ばか」と書きたくなりさうな   「素直」といふ字が 掠(かす)れて見えぬ

本当に予めぢゃなく余り震? 誰も疑はぬ不思議な常識 危険路線 そこは措いとけネズミ捕り「絶対安全」ここがドル箱 ギーギーとブレーキ鳴かせ下るチャリ 追ひ越す車が横目で睨む バーチャルの 虚構に在りてわれ思ふ 故に我あり色即是空 ==============================24=



「空即是空」(92)

田に下りて 何の詮議か 群雀 頭上たわわに柿の実赤し
浜萱草(ハマカンザウ) 紅き花咲く海の空 トンビふうはり日向馬ヶ背
まだ青き 南京(なんきん)櫨(はぜ)の木梢高く 郁子(むべ)五つ六つ色付き初めし
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
薄黄花 土より出でてなほ清し 庭の奥隅 花茗荷生ゆ ピクリとも木の葉動かで風止まる 猛暑日の午後の不気味な時間 山沿ひは雪になるぞとラヂオ言ふ まだコスモスの咲く年の暮れ 猛暑日をヘクソ蔓は風に揺れ 終戦の日のサイレン渡る 薄墨を掃きたるやうな空の色 傘を手に手に散歩人ゆく ==============================26= 五つ六つカラス降り来て何突つく 寒風走るサッカーコート 晴れ間惜し梅雨の雨間のひと仕事 ヴァオンヴァオンと草刈り機唸る 堤防を犬に引かれて傘差して 多分あの影床屋の息子 気温未だ真夏にあれど日々日ごと 並木の木陰伸びる散歩道 寒いねと つい言ひかくる今朝の寒 台風一過秋を蹴飛ばし
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
さわさわと木漏れ日揺りて風往きぬ 廃キャンパスの銀杏の並木 十時四十五分で止まる大時計 廃校舎の塔上じっと動かず 「JAZZ研究会」校舎の横の廃部室 若竹伸びて屋根覆ひたり 春だなあと恍(とぼ)けてみやうかこの霞 火山灰(はひ)と知らねば長閑けきものを カラスウリ真っ赤に熟れてニュース早や 高千穂夜神楽始まるを告ぐ ==============================28= 命享けて 春夏秋冬終(つひ)の章 空は水色花はくれなゐ わが郷はインフル鳥フル火山灰(はひ)が降る 災害対応いまフル回転 雷雨激しく 暴れて去りて夜の庭 月影落ちてこほろぎ鳴くも またゴーヤ… などと言っては不謹慎 今朝も有難〜く健康ジュース そこもここもゴーヤ積み置く産直店 最近とんとチャヨテを見らず
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
はつ夏の五月の朝の雨上がり 何か良きこと起こるの予感 ジャワ更紗すかんぽ揺れて風吹いて 夕焼け小焼けのチャイムが流る 特異日と言ひもするらし文化の日 晴天マークの並ぶ天気図 やぶ椿 やや控へめにやや小ぶり それでも凛と胸張ってゐる 北風は軒を鳴らして夜を騒ぎ 空を澄ませて朝に凪ぎたり ==============================30= 春はそれ駆け足で往き夏そこに 三々五々と鯉のぼり立つ しとしとと今日を朝より五月雨れて 疾うに仕舞ひしベストを探す 萌え盛る 若葉の傍(かたへ)はらはらと「秋の色して春落ち葉舞ふ 西都原 風土記の丘の空青く コスモスの花古墳を埋む 九年母も蜜柑もたわわ実れども 採る人もなく枝撓めゆく
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
雪積むと日々にラヂオがニュース告ぐ 然り大寒!暦が誇る 開かんとして開かんとして得開かず わが北窓の梅の小蕾 ホーケキョと弥生の森の奥の陰 薮椿の花揺れたるやうな 山風に耐へてけなげに薄紅を いや淡々とあけぼのつつじ 樹に透けて波光らする錦江湾 澄みて桜島間近に見ゆる ==============================32= 四時四面 香らぬは無しこの日頃 金木犀の花芬芬と 柿もみぢ落ちて片方(かたへ)の空透かす 朝日に蜘蛛の糸光らせて すすき覆ふ烏帽子の山にあけび生り 梅もどき咲き花蔓も咲き 天仰ぐ行縢(むかばき)の滝真っ直ぐに 屏風岩(いは)を伝ひて地へと落ちたり 夏草のまだ青々と茂る土手 やや戸惑ひつつ咲く彼岸花
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
楚々たれど どっこい中々著莪(しゃが)の花 乾きし庭の隅に咲き継ぐ 蕾点々 膨らみ初めし梅が枝に 小鳥舞ひ来て糞して逃げぬ うはっサブ! 瞬時の油断を見透かされ 風が帽子を奪って逃げた 特別に用は無いけど… 友の来て 温んだ冷茶飲み干して行く 孫らしき背高のっぽと散歩ゆく 隣りの親爺っさん連れ連れられて ==============================34= 昔語りしてゐるやうな老樹なり 凛と城山の楠の大木 蝉が鳴く裏の赤子も止め処なく 声張り上げて猛暑日の午後 夏休みも水を流さぬウォーターランド「節水中」の立て看ぽつり 高千穂峰(みね)登山三歩登って二歩滑る 山頂遠し砂の9合目 椰子の実は流れて寄らず夏の日の 朝の浜辺を潮騒ばかり
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
台風の掠めて過ぎて風止みて ただ耐へ難き蒸し暑さ残る 沖の海はいま時化るらし海鳴りに 紛れて夜汽車の音遠みゆく カメラ立てて土手に座りて小半日 老爺 鴉の巣立つを待てり 残寒の愁ひを載せて弥生尽 横殴りの氷雨ガラスを叩く 七つ八つ影黒くして散歩人 風土記の丘の早朝の風景 ==============================36= 頬撫でて少うし優しく今朝の風 上着一枚脱がせて往きぬ 古事記編纂 千三百年 神々の 息吹き生き生き日向(ひむか)この年 百済王 伝説の悲話今に継ぐ ひむか高鍋 鴫(しぎ)野(の)浦浜 冬の星座ラヂオが歌ふ遠き日は「ものみな憩へるしじまの中」と なつかしき城山の鐘… と歌はれし その城山にいま薮椿咲く
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
赤き耕耘機代掻く後ろ追ひかけて 白鷺ぞろと列成してゆく 南風 窓より入りて窓へ抜く 風鈴の肩ぽんとたたきて 潮騒に耳を委ねて浜辺歩く 貝の欠片を蹴飛ばしながら 欄干の橋のたもとの寺の墓地 今日も老婆が花換へてゐる 土分けてむっくりどっかり秋茗荷 どうじゃ! とばかり胸張ってゐる ==============================38= ずくっしょ(法師蝉)はまだ鳴かぬねと言ひし夕 これでもかとてか庭に姦し 強情にしがみ付き居し蝉の殻 いま吹く風に舞ひて落ちたり がさごそと音立てて舞ふ枯れ落ち葉 終の住処を探してるやうな 学び舎の正門に続く並木道 南京(なんきん)櫨(はぜ)はかの日のままに 耳鳴りと聞き紛はする虫の音か 二つ三つ四つ… 音源数多
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日溜まりを温としと思ふ朝なり 九年坊はまだ緑濃けれど 飫肥(おび)城址大手の門の坂の道 空の人力車とことことゆく 屋根を叩き壁蹴っ飛ばして何怒る 夜の雨風荒れてし止まず 秋色を刷きて台風過ぎて往き つくつく法師はいよいよ繁く 雨頻る尾鈴の山の登山口 濡れて紅葉狩りの横断幕垂る ==============================40= 菜種梅雨かすりもせずて菜の花は 痩せたその身に細き鞘着く ハマボウは夏の河口の砂の島 あはく黄色く大き花して 残暑といふ九月の空の太陽が 背を炒るごとく追ひかけ止まず 夏落ち葉 往還の歩道掃く背より「プッ」と短きクラクション過ぐ 海はいまは基礎のみ残して消えし街の 向ふに凪ぎていや穏やかに
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
掘割の氷柱したたる散歩道 目白がチュルルと囀り渡る さて咲くか… ええぇっ?でも今日寒過ぎる… 梅も震えるこの戻り寒 風吹けど火山灰の降れども意ともせず 楚々と膨らむ梅の小蕾 浜萱草 寒くはないかこの師走 花開かせて蕾も付けて 彼岸花 紅きが咲きて土手覆ふ わが郷の墓は野畑の傍 ==============================42= その男自販機の前うろうろと… 葛藤癒えて? 手に“お〜いお茶” 急げ急げ! 縦走ツアーの逞しさ 青空何の紅葉が何の   ==============================44=


「逍遥拾遺」

鵜戸の海は 凪ぎて見ゆれど轟々と 音立てて岩を洗ひゆくなり
ハナヅルは青く色濃く烏帽子岳 薄の中に埋もれてあり
犬二匹引きて引かれて散歩びと 対岸の土手駆けてゆくなり
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
夕立は明快なりきあの雲が ほうら行くぞとあからさまにて 電話の声がさも親しげに話し継ぐ 間違ひなどとはゆめ疑はず 不愛想にただ「はい」とだけ受話器取る 間違ひ電話直後の電話 (はてあなた…?) 顔は確かに知れる人 要らぬ話してヒントを探る 柚子浮かぶ湯船に在りて子供のごとく ひとつ掴みて沈めて離す ==============================46= ゆく夏や片乳の妻と癌十年 風やや涼し白百合の花 がん友の逝きしと今朝に知らせあり 十年目にて十歳(とを)若くして 母と娘と 常に二人の夕散歩 今日一人なり親子喧嘩と ブルーベリー植ゑたと言ひて友ははや ジャムの製法ネットで探す あの髭のむっつり仏頂の禿げ親爺「コンバンワ」だと! 青天の霹靂
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
この茶はね “自家用”有機無農薬 安心して と茶農家の友 紳士的テレビの映像 “上品”な 爆撃跡だけが淡々と流る リゾートと基地のみ置いとけ植民地 やがて還暦継子沖縄 いにしへは 能ある鷹は爪隠す いま小雀が爪ひけらかす 目出度しや美し大和の日比谷村 新年惨餓の難民溢る(派遣切り難民村) ==============================48= 万愚節ホントのことを言ってみな 爆笑取れるぜ 永田町(ながた)の旦那 「限界」を「いきいき」と読ませる超手法 先生中々超文学者 国事をば 公示と言ふと覚えあり 酷似してゐる公示と告示 東の((知事))脳に幻の椅子((総裁))見えて 返り見すれば故郷(くに)傾きぬ 不景気もどこ吹く風か万事東風 太陽のタマゴ((宮崎マンゴー))は金の御卵
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
パソコンよあなたは偉い「外交」を「害行」と解くその聡明さ 釣果あり!メジナ三つ四つ届け来し 友が頭に白きが光る 日々進化 IT 文化の時間軸 目まぐるしくって煩はしくって 常用漢字「私」と「僕」とぢゃ間に合わぬ?少し無骨な「俺」らも追加 二の腕に 蒼きタトゥーの青年が 車椅子押し 会釈してゆく ==============================50= 外人さんも上着を脱ぎて汗拭ふ 日向馬ヶ背 春の遊歩道 今日読経 きのふ祝詞の声聞く夜 賛美歌の歌詞ポケットに在り 愛犬家? 自己満足の無頓着 熱波の午後の舗道連れゆく 十二社(じゅうさう) 浄水場跡の記事読んでゐる 頭の中の昔の地図で 模様替へ さは言ひながらいつの間にか 掃除片付け手伝はされて
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
水枯れの雨待つ庭を夕立が ほんの数秒おちょくってゆく 両の手にバケツぶら下げ水運ぶ ひとつはメタボ遠ざけたくて 瑠璃色の翡翠(かはせみ)すいと飛び立ちぬ 枯れ蓮覆ふ濠の水面より 中々に言葉に出で得ぬ痞(つか)へあり 喉の奥の ほら、あれ、そら、あの… 千歳亭 水琴窟の秘め雫 金の音色(おと)して高く澄みたり ==============================52= 還暦を同窓寄りて祝ひたり 老と若きと貌(かたち)こもごも 数多並ぶ盆栽卵のサツキ苗 古稀を越えたる兄の鉢棚 ご近所にでも… 実の生り過ぎてと義姉来たり 大袋ふたつ 九年母詰めて 忘るまじ! しっかり認めたメモノート それがまた それ 端から端まで… カミさんは今日は旅路の肥後玉名 露天の湯の香がやや恨めしき
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
梅が枝に目白来て鳴く朝なり 風にその毛を逆立てながら 細雨(ささめ)降る静けき夜をわれと来て 金木犀の甘き香流る 薄桃の曙色してつつじ咲く 人間(じんかん)遠く空の高嶺に 花の名も小難しきが花盛り シンプルな名はもう陳腐ful(チンプフル) 短歌(うた)よりも俳句(く)に傾くと嫗言ふ 言葉増ゆれば愚痴も募ると ==============================54= ゆがみひづみ眼向けたら切りが無い 尻向けてゆく精霊とんぼ エコロジー山葵のチューブもプラマーク ♪洗って洗って洗って回すゥ〜 智も無知も喰らはず呑まず時代の神 ただいたづらに狂気を喰らふ ノーベル賞 祖国(くに)の技術を誇る君 まつりごとにも風吹かせてよ 米良街道 照葉(てるは)の森のそこかしこ いま咲き盛る山桜花
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
菊売りの菊積む車軋ませて 過ぎゆける街 秋昼下がり 皺深くその太き手に菊束ね 菊売る嫗 晩秋の日溜り ほらごらん君の頭の天辺で 星はすばるが輝いてゐる ==============================56=





icon  icon
inserted by FC2 system