二十四節気(にじゅうしせっき)

[HOME]  [BACK]

二十四節気は、黄道(こうどう=太陽の通り道)」を15度ずつに24等分(黄経)し、その分点に節気と中気を交互に配列して名前を付けたもの。
太陽が正確にこれらの分点を通る月日は年により多少前後するが、ほぼ毎年 A=節(正節、節気) は月初めの5日前後、B=中(中気) は月後半の20日過ぎ頃になる。

名称 月日 黄経 意  味
立春 02/ A 315度 暦の上で春が始まる日 (節分 ※下「雑節」参照
雨水 02/ B 330度 雪も雨に変わり、草木の芽が出始める頃
啓蟄 03/ A 345度 冬眠していた虫たちが地上へ這い出す頃 (3/3:上巳=桃の節句)
春分 03/ B 0度 日の出入りが真東・真西で、昼夜の長さがほぼ等しい(春彼岸の中日)
清明 04/ A 15度 天地がすがすがしく明るい空気に満ちる頃
穀雨 04/ B 30度 穀物が生育するための雨
立夏 05/ A 45度 暦の上で夏の始まる日 (5/5:端午=菖蒲の節句) (5/2頃:八十八夜)
小満 05/ B 60度 草木が茂って天地に満ち始める頃
芒種 06/ A 75度 稲・麦など芒(のぎ)を持つ穀物の種をまく時期
夏至 06/ B 90度 北半球では昼が最も長く、夜が最も短い日
小暑 07/ A 105度 暑気がだんだん強くなる頃 (7/7:七夕=星祭り) (7/15:盂蘭盆)
大暑 07/ B 120度 年のうちで、最も暑い時期 (7/20頃:土用 ※下「雑節」参照
立秋 08/ A 135度 暦の上で秋の始まる日
処暑 08/ B 150度 暑さもそろそろ落ち着く時期
白露 09/ A 165度 露が降り、秋の気配が感じられ始める頃 (9/9:重陽=菊の節句)
秋分 09/ B 180度 日の出入りが真東・真西で、昼夜の長さがほぼ等しい (秋彼岸の中日)
寒露 10/ A 195度 露が霜になりそうな、寒気を覚え始める頃
霜降 10/ B 210度 霜が降るようになる頃
立冬 11/ A 225度 暦の上で冬の始まる日
小雪 11/ B 240度 徐々に寒く、少し雪が降る頃
大雪 12/ A 255度 大雪が降る頃
冬至 12/ B 270度 北半球では昼が最も短く、夜が最も長い日
小寒 01/ A 285度 寒さがだんだん厳しくなる頃 (1/7:人日=七草)
大寒 01/ B 300度 寒さが年のうちで最も厳しい頃

節句(せっく)】は、伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日のこと。「節供」 とも。

五節句○人日(じんじつ=七草:01/07)、○上巳(じょうし=桃の節句:03/03)、○端午(たんご=菖蒲の節句:05/05)、○七夕(たなばた=星祭り:07/07)、○重陽(ちょうよう=菊の節句:09/09) の5暦日。


雑節(ざっせつ)】は、二十四節気・五節句などの暦日の他に、より的確な季節の移り変りを捉えられるよう設けられた特別な暦日のこと。

○節分(せつぶん=各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日=下段記○彼岸(ひがん=上表・春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間)、 ○八十八夜(はちじゅうはちや=立春から数えて88日目の日:05/02頃)、 ○半夏生(はんげしょう=ほぼ夏至から数えて11日目:07/02頃)、 ○土用(どよう=各季節の終りの約18日間)、 ○二百十日(にひゃくとおか=立春から数えて210日目:09/01頃)、他、初午、入梅、社日、盂蘭盆…など。


節分
ところで「節分」とは、今では「立春」の前日だけにしか使われないが、本来は二十四節気の 立春・立夏・立秋・立冬 それぞれの前日を言い、文字通り夫々の「季節の分かれ目」のことである。
であれば「立春」が、いわゆる「旧暦」の年の始めに当てはまるかというと、必ずしもそうではなく(例えば1999年の立春は旧暦ではまだ前年の12月17日である)、むしろ二十四節気は毎年「新暦(太陽暦)」のほぼ同じ日に当たるのだが、これは、「旧暦」と言っても一概に「=太陰暦」ではないからである。
いわゆる「旧暦」は正確には「太陰太陽暦」で、「日」に関すること(日並=日次、日付、日取り)はお月様の満ち欠けで「月」に関すること(月並=月次、各月)は新暦と同じ土俵のお日様の位置で決める、折衷した構図だからなのである。

「日」に関する基準(=お月様の運行)と、「月」に関する基準(=お日様の運行…こちらは実際には地球の運行だが)が同一「旧暦」に混在するためややこしく感じるが、「二十四節気」が、お日様に依る「太陽暦」に基づく部分に依っている為 と分かれば、毎年、旧暦の日付にかかわらず新暦のほぼ同じ日に当たる理由も理解できる。そしてむしろ現代の太陽暦に依る我々の方が理解し易いのかも知れない。

ということで、旧暦=太陰暦と何気なく思い込んでおられる方も多分多いと思いますが、実はそれは「太陰太陽暦」で、お月様とお日様夫々が基準になったものが組み合わさったものなのです。
しかし、「」=日次の基準が月=お月様で、「」=月次の基準がお日様であるとは…紛らわしいですね。ここも、紛らわしいので、Monthは「月」 Moonは「お月様」、Dayは「日」 Sunは「お日様」と区別しました。


[HOME]  [BACK]

 


inserted by FC2 system